ONUKICHI.COM

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Onukichi Times

小貫将太の個人ブログ

MENU

僕が蔦屋書店ではなくBOOK LAB TOKYOを選ぶたった1つの理由

f:id:onukichi:20170516220924j:plain

Photo by : BOOK LAB TOKYO

最近渋谷にあるBOOK LAB TOKYOという書店に足を運んだ。

渋谷駅から徒歩5~6分ほど道玄坂を登っていくと、新大宗ビルという建物があり、BOOK LAB TOKYOはそのビルの二階にある。

なんでも、とある起業家がクラウドファウンディングサイトで資金を調達し、開店までこぎつけたというから驚きだ。僕は期待感MAXでそこを訪れた。

 

そして入店した瞬間、僕は謎の”一体感”を感じた。

 

BOOK LAB TOKYOは、蔦屋書店のようなものだと考えていただければイメージしやすいだろう。

蔦屋書店は購入前の本を持ち込んで読める、書店とカフェを融合した施設だ。多くの人がコーヒーを片手に、リラックスしながら読書にふけっている。

そして、もちろんBOOK LAB TOKYOにも、書店とカフェが存在する。

BOOK LAB TOKYOは、技術書やデザイン本、サイエンス、ビジネス書を中心に取り扱っている。なかなか珍しいラインナップだ。

僕は技術書とビジネス書の2冊を手に取り、レジに並んだ。どうやら書籍を¥2,000円以上購入すると、ドリンクが一杯無料で頂けるようだ。

せっかくなので、浅煎りのハンドドリップコーヒーをオーダーした。出来上がり次第、席まで運んでくれるというので、席について待っていると、女性の店員さんがコーヒーを運んできてくれた。僕はここである疑問を感じた。

というのも、コーヒーを運んできてくれたのは、入店した際に書籍を整理していた書店員さんだったからだ。

f:id:onukichi:20170517192939j:plain

皆さんもご存知のように、蔦屋書店の中にはスターバックスが入店している。当然だが、蔦屋書店の店員は書籍を提供し、スターバックスの店員はコーヒーを提供する。書店とカフェを融合した施設とはいえ、提供者は異なっているのだ。

だが、BOOK LAB TOKYOは違う。

BOOK LAB TOKYOの店員は、書店とカフェの両方をこなしている。

ここで僕はようやく、入店した瞬間に感じた謎の”一体感”の理由が分かった。

蔦屋書店の中には、蔦屋書店とスターバックスという2つの空間が存在する。一方で、BOOK LAB TOKYOには、BOOK LAB TOKYOという1つの空間しか存在しない。

紛れもなくその理由は、BOOK LAB TOKYOの店員が、書店とカフェの両方をこなしていることにある。

BOOK LAB TOKYOの店員は、書店員やカフェ店員ではなく、BOOK LAB TOKYOという空間のプロデューサーなのだ。

彼らは書店とカフェの両方に精通している。だからこそ、あの”一体感”が生まれているのだ。1つだけに固執せず、複数を手がける、プロデューサーとは、そういうものである。

それは成功している起業家を見ても言える。

FacebookGoogleInstagram・・・あげればキリがないが、成功している起業家は皆プログラミングのスキルを有している。実際にプロダクトを自分の手で作り上げてきたし、マネジメントもこなしてきた。

さすがに、マークザッカーバーグが今もコードを書いているかどうかは分からないが、その知識は間違いなく経営に生かされているだろう。

ビジネスにおいても、1つだけに固執せず、複数を手がけることが大切だと言えるだろう。

日本では、1つの物事に固執して取り組むことが美徳だという風潮が存在する。

数年前に、プロ野球選手の大谷翔平選手が、ピッチャーとバッターの二刀流でプレーしていくことに対して、多くの野球解説者が否定的な意見を述べていたのは懐かしい。

そもそもピッチャーはあくまで守備位置の1つだ。野球とは攻撃と守備で1つのスポーツであり、それらを別々に分けること自体がナンセンスだ。

他にも教育制度における文系・理系など、なぜ1つの物事をわざわざ複数に分けたがるのかが理解できない。

もちろん、ジェネラリストを目指せと言っているわけではない。

野球でいえば、バッテイング、守備、走塁の全てにおいて並程度の実力、すなわちジェネラリストでは、一流の選手になることは不可能だ。

だからこそ、バッテイング、守備、走塁の中でもどれか1つの分野でスペシャリストとなり、その他の項目もこなせるようになることが理想である。いわゆる、T型人材を目指すべきだ。

どれか1つの分野を得意とすることは素晴らしいが、だからといってそれ以外の分野に全く手をつけなくても良いということではないのだ。

ビジネスの世界(とりわけマネジメント)で結果を残すのは、スペシャリストやジェネラリストではなく、間違いなくT型人材である。

BOOK LAB TOKYOは、それを改めて感じさせてくれた書店であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう学校に行く必要はないのかもしれない

f:id:onukichi:20170424002729j:plain

実は最近プログラミングを勉強しています。

プログラミングスクールを探してみた

僕はプログラミングを勉強するにあたって、最初はプログラミングスクールに通ってみようかな、と思っていました。

そこで国内外のプログラミングスクールを探してみたら、まあ結構たくさんあり、そのうち2~3校くらい良さげなスクールがあったので、そちらに行こうかなと考えていたのです。

Progateにはまって考えた学校に通う意味

ですが、その前にProgateというオンラインプログラミング学習サービスを見つけたので、HTML/CSS, JavaScript, jquery, Ruby, Railsと一通りコースを勉強してみたのです。

そしたらそのサービスがすごくわかりやすくて、どハマりしました。初心者向けだから、挫折することはないだろうし、実際にWebサービスを作っていく流れをつかむことができるんです。

Progateで勉強をしていく中で、僕の中にある疑問が浮かびました。

 

「プログラミングスクールに通う必要ってあるんだろうか?」

 

心の中に疑念が生じたまま、何かに取り組むのはよくないので、プログラミングスクールに通うメリットを考えてみました。

そこで考え出したメリットは以下の二つです。

 

  1. 分からないところを講師に聞ける
  2. 専門のカリキュラム

 

うーん、確かに分からないところを講師に聞けるのは良いですけど、いまベンチャー企業インターンしてるから、エンジニアさんに質問できるし、僕には必要ないですね。

じゃあ専門のカリキュラムはどうかというと、確かにプログラミングスクールのカリキュラムは効率的なものになっていますが、今後どうせ幅広い知識を学ぶ必要があるし、それにいまは本やネット上にプログラミングの学習方法なんて溢れるほどあるから、特に必要ないかなー。

こうして僕はプログラミングスクールに通うことをやめたわけです。

プログラミングを独学で学んだ人は多い

実際にプログミングを独学で学んだ人はかなり多くいて、僕がインターンしている企業にも独学で学んだエンジニアさんがいらっしゃいます。

有名な経営者ですと、Wantedlyの仲さんが独学でRailsを学び、Wantedlyのプロトタイプを一人で開発した話は有名ですね。

www.flierinc.com

まとめ

記事中に、プログラミングスクールに通うメリットを2つあげたわけですが、この2つはすべての学校に当てはまると僕は思います。

つまりは、身近に専門家がいるならば学校に行く必要はないし、学校でしか学べない意識なんてないので、これまた学校に行く必要なんてないんですね。

それに、やっぱり学校に通うとなると多額の受講料がかかってしまいます(それに見合うメリットがあれば別ですが)。

僕は何も学校に行くことを批判しているわけではありません。僕が思うのは、いきなり学校を探すのではなく、まずは独学でできるところから始めてみましょう、ということです。

たぶん学校に行かなくても十分に学べてしまうのではと思います。

 

(そんな僕はいまCSSに苦戦しております・・) 

 

 

 

 

縦と横のつながりがキャリアアップにつながる

f:id:onukichi:20170412201722j:plain

3/21(火)に4年生の先輩方を送り出す追いコンを開催しました。

僕たち3年生はフィリピンでの研究を行うにあたって4年生に大変お世話になりました。研究終了後も論文執筆についてアドバイスをいただき、おかげさまで無事に論文を書き終えることができました。本当に感謝しております。

追いコンでは4年生の皆さんから2年生、3年生に向けてメッセージをいただきました。全てのメッセージを覚えてはいないのですが、4年生全員が共通して言っていたのは「このゼミで良かった」という言葉です。

それはやはり辛いながらも、一つのゼミを継続してやり抜いたからこそ感じたことなのかなと思います。本当に大切なものは最後まで継続して取り組まずして得ることはできません。まさに「継続は力なり」、言うは易く行うは難しです。 

さて追いコンではお酒を挟みながら、4年生や先生と様々なお話をさせていただきました。 

2年生は来年度の研究に向けて今やっておくべきことや研究テーマの決め方など、現地調査を成功させるための秘訣を4年生に聞き出している姿を目にしました。

3年生は就職活動中ということもあり、志望企業の選び方や自己PRのポイントなど就活関連の質問が飛び交っていましたね。

個人的に一番面白かったのは”キャリア”に関する話でした。

事の発端は僕にあります。

僕は人に相談することは基本的にしないのですが、今回は先生に「小貫くんは就職活動どうですか?」と聞かれたので「僕はしてないです。」と素直に答え、「休学して起業を考えています。」と続けました。

先生は驚きつつも、僕の考えに対してアドバイスをしてくださいました。

先生「まずキャリアには大きく分けて2種類あります。1つは経験を積んでから挑戦する方法。もう1つは挑戦しながら経験を積んでいく方法。これでいうと小貫くんは後者ですね。」

僕「先生はどちらの方法が良いと思いますか?」

先生「どちらにもメリットデメリットがあるので、どちらが良い悪いというのはないと思います。ただ私としては一度いろいろ経験してからの方が良い気がしますね。」

ある3年生からも一度経験を積んでからの方がいいという意見をいただき、ある4年生からは大学生のうちにやりたいことがあるなら挑戦したほうがいいという意見をいただきました。

一体どちらが良いんですかね。

正直なところ、僕にもその答えはわからないです。

挑戦しながら経験を積んでいき成功するかもしれないし、はたまた失敗するかもしれません。 答えなんてやってみないとわからないです。この答えについてはまた後ほどこのブログで僕の経験をもとに書かせていただきたいと思っています。

僕の話が長くなってしまい申し訳ありません。

僕は新年会やOBOG会などのゼミの幅広い年代の方々集まる会で、先生や先輩方、後輩たちから自分のキャリアや挑戦したいことについて意見をいただいたり、皆さんの話を聞いたりするのがすごい楽しみなんです。

これから2年生は研究に向けて、3年生は次の進路に向けて、4年生は社会人としてそれぞれ頑張っていくことになるでしょう。

今後も毎年開催されるゼミのOBOG会や新年会で、「いま〇〇に挑戦してるんだ」「〇〇が成功したんだよ」などのお話ができることを楽しみにしています。

運が良ければ「いま〇〇の分野で仕事してるから相談乗るよ」とか「〇〇に詳しい友人がいるから紹介するね」など、思いがけないチャンスが訪れることだってあります。そのため今後もなるべく多くの方々に林ゼミのイベントに参加していただきたいです。

それこそがこのゼミが縦と横のつながりを大切にする目的だと僕は思います。

最後になりますが、4年生の皆さん大変お世話になりました。

そして今後ともよろしくお願いします!

 

※本記事はゼミのブログに寄稿した記事を転載しています。

 

決断したらあとは全力でやり遂げるだけ

f:id:onukichi:20170325113351j:plain

 

 

どうも、2月はインターン充していたおぬ吉(@onukichi01)です。

今日から3月ですね、ただ月が変わるだけですが大学3年生にとっては節目といえます。

 

就活解禁ー。

 

そうです、2018卒の就職活動は今日から始まります。去年、年齢を一つサバ読んで幕張メッセの合同説明会に忍び込んだのを思い出しました。

 

そして今年はというと、、、家にいます。

 

 

今日は朝640分に起き、リビングでニュースを見ている親父に開口一番、

 

僕「親父、おれ休学する。」

親父「え、、、。」

突然ですが、休学します!

 

唖然とする親父の顔を約2年ぶりに見ました。2年前は大学を退学するって言ったんだっけな。

 

親父、安心してくれ、今回は退学じゃなくて休学だから。笑

なぜ休学するのか

 

正直なところ、1月末ぐらいまでは色々と悩んでいました。

就活するのか、留学するのか、インターンするのか、選択肢は無数にありました。

 

僕と関わっていた人であれば知っているでしょうが、本当に迷走していましたよね。

とはいえ、もう大学三年生。迫り来る就活解禁に向けて進路を決めようと一生懸命考え、そして行動してきました。

 

僕がたどり着いた結論は「休学」でした。

僕「休学してやりたいことがある。」

親父「それは何?」

僕「プログラミング勉強して、インターンして、起業する。」

親父「うん、、、。」

 

親父にはどれ一つとっても理解できないようでした。

無理もないです、高卒から50歳まで会社員として働いてきた人からしてみれば理解できないのも当然ですよ。

 

親父、時代は変わるのだ。

やりたくないならやらなくていい

 

僕の周りは今日から就活に取り組む友達ばかりです。その友達がどう考えているのかはわかりませんが、僕は就活をしたいとは思えませんでした。

就活をする人を批判するつもりなんてありません。

 

就活だって、インターンだって、起業だってなんでもいいんですよ。

自分が心からやりたいと思ったことをやればいいと僕は思います。

僕の中で、心からやりたいことは「起業」でした。

ただし、やりたいことは全力で

僕は今年一年間休学をし、先ほど挙げた3つのやりたいことをやろうと思います。

やりたくないならやらなくていいと僕は思っています。

 

ですがこれを逆に言うと「やりたいことは全力でやる」という意味になるでしょうか。

今年一年間という時間を確保したからこそ、全力で駆け抜けていきたいです。

 

楽しみで仕方ないですし、1年後の自分がどうなっているのか全く想像がつきません。

僕もこんな会社を創りたい 

先月2月から留学・語学学校の総合サイトを運営するスタートアップでインターンをしています。

 

先日、そのインターン先の社員さんが転職されるということで送別会がありました。

渋谷にある小学校?みたいな居酒屋で開催された送別会では、ふざけあったり、夢を語ったり、転職される方に向けて動画を作成し、それを観て涙したり。 

数人でスタートした会社でサービスが拡大し、どんどん仲間が増えていって。

 

好きな仕事で好きな人と好きなだけ仕事する。

 

僕もこんな会社を創りたい、必ず創る。