ONUKICHI.COM

Onukichi Times

小貫将太の個人ブログ

MENU

2016年を振り返る

f:id:onukichi:20170221153024j:plain

2016年は人生で最も充実した一年にできたと思っています。

 

それでは、まず僕の2016年の出来事を順番に振り返っていきましょう。

・第一志望の大学に落ちました

はい、そうです。僕の2016年最初の出来事は第一志望の大学に落ちる、です。

既に2つの私大には合格していたのですが、家から近いことや学費面から地元の国立大学を受験し、そして落ちました。

僕は高校の時に受験勉強をしていないのですが、今回の編入試験の受験に際しては、孫正義さんの学生時代の記事に影響されて、寝ている時間以外のすべての時間を受験勉強に費やしたのですがダメでした。うん、僕の2016年がこうして幕を開けました。

・今の大学に編入しました

東京と京都の私大経済学部に合格していたのですが、

1. わざわざ就活で東京まで来るのがめんどい

2. 京都が本当に好きだったので住むことはせずに特別な場所にしておきたかった

という感動もせず、どうでもいい2つの理由から東京の私大に編入しました。

・ゼミに入りました

もともと大学で本気で勉強がしたくなって、前の大学を退学して今の大学に編入したのでゼミに入りたいと思っていました。

なんとなくゼミ紹介の冊子を見ていた僕の目にあるキーワードが目に入りました。

.../BOPビジネス/........../.....

うお!BOPビジネスめっちゃ興味あるぞ!もうこのゼミに決めた!

はい、もう完全に勢いで入りました。

という成り行きで入ゼミしたわけですが、BOPビジネスはあくまでこのゼミが研究している分野の中の一部であって、メインテーマは「国際協力/開発経済学です。

実際のところ僕は国際協力なんて全く興味がなかったのですが、勉強してみるとすごく面白くて結局一年間はほぼゼミのことを考えて過ごしていました。

 ・初めて開発途上国に行きました

僕が入ったゼミは、夏休みに開発途上国2週間滞在し、現地調査を行い、それについて英語で論文を執筆することをメインプロジェクトとしていました。

僕の代はフィリピン・マニラに行きました!

文化の違いだったり、思っていた以上に英語が話せなかったり、滞在して一週間でお腹壊したり、と色々ありました。これについても今後詳しく書いていきたいです。

 ・八王子が田舎すぎて引っ越しました

今の大学に編入してから大学付近に住んでいたわけですが、あまりに田舎すぎて耐えられず、ついに引っ越しました。

引っ越し先は結構都会の方で、かつ駅から徒歩1分という好立地です。

実際、どこに住むかってすごく重要だと思います。

大前研一氏も「自分を変える3つの方法」の1つに住む場所を変えることをあげています。

僕は、今の自分が一番長く時間を過ごす場所の近くに住むべきだと考えています。

僕の大学は八王子の山奥にあります。大学で多くの時間を過ごしていた三年生の時は良かったのですが、四年生になると大学に行く回数が減りますし都心で過ごす時間が増えてきます。つまり、今後は相当なミスマッチが生じてくるなと感じました。こんな理由から引っ越しを行ったのです。

 

これ以外にも色々ありましたが、これらは非常に印象深かった出来事です。

 2017年に向けて

僕は2017年を迎える上で、ビジョンを設定しました。 

「挑戦数を圧倒的に増やす」

このビジョンを設定したのには理由があります。

23年前くらいまでの僕は、失敗したときのリスクを恐れて挑戦をしないことがあったんです。

でもこれって非常に非合理的なんです。最近は僕もちょっとずつ挑戦できるようになってきて、それで色々わかってきました。

 

では、非合理的とはどういうことかを考えていきたいと思います。

皆さんの周りで運のいい人っていますよね。彼らはよく成功しているように見えます。

皆さんは、彼らがなぜ成功するのか考えたことはありますか?

それには明確な理由があったんです。

以下の記事は、「運がいい人っているの?」という質問に、行動経済学者が真面目に回答したもので、非常に面白いです。

行動経済学は「運がいい人っているの?」という問いにこう答えた──話題の翻訳書、訳者が語る! 第3回『アリエリー教授の人生相談室』 | クーリエ・ジャポン

「運がいい人って本当にいる?」というエイミーさんの質問。
これに対して教授は、「運のいい人とは、人よりたくさんのことをしょっちゅう試している人だ」と返している。試す回数が多いからこそ、成功することも多いのだ、と。たとえばバスケットボールで、100%確実なときにだけシュートする選手と、成功率は50%だがシュートする回数が格段に多い選手がいたとする。この2人を比べたとき、全体としてのゴール数が多いのは、後者だ。続けて教授は、人生はバスケットボールとは違って、シュートが入るか外すかの二択ではなく、何かの選択や決定に至るまでに、多くのステップがあるものだと指摘する。だから小さな実験を繰り返し、有望でない道を切り捨て、細かく軌道修正していけば、必ずうまくいくのだと。

バスケットボールのシュートの話は非常にわかりやすいですよね(この記事を見て行動経済学に興味を持った方は「行動経済学入門」をお勧めします。この本を見ると、自分が日常生活でどれだけ非合理的な判断をしているのかを思い知らされます)。

要するに、人より成功する人は、人より失敗しているし、人より失敗している人は、人より挑戦しているということです。

これってすごく当たり前なことなんですけど、意外と気づいてないことだと思うんですよね。

100%の確率で成功する挑戦など存在しないので、成功するためには何度も挑戦して、何度も失敗して、その都度経験値を貯めて、次に成功する確率を高めていく。この作業こそが成功への近道でしょう。

2017年の僕は、「挑戦数を圧倒的に増やす」をビジョンに掲げ、1年間頑張っていきたいと思います。